浮気調査を成功報酬で依頼した場合の料金とは

配偶者の不倫や恋人の浮気を調べるため、探偵に浮気調査を依頼します。
この浮気調査ですが、ひとつの浮気調査案件に50万円から100万円という高額な料金を支払うことになります。
料金が高すぎて、浮気調査をあきらめてしまうという人も少なくないのではないでしょうか。
浮気調査を依頼するとき、料金について調べるのは当然ですが、探偵の料金には料金システムの違いがそれぞれの業者であるため、浮気調査にかかるお金は探偵によって異なります。
そのため、探偵に浮気調査を依頼するなら、料金システムについて調べてから依頼するようにしましょう。
この料金システムのなかには、成功報酬プランという料金プランがあります。この成功報酬プランですが、取り扱いには十分に注意して依頼をするようにしなくてはいけません。

探偵に浮気調査を依頼するメリット

恋人に浮気をしている疑いが出た時は落ち着かなくなってしまいます。それで浮気をしているのか白黒ハッキリつけたいところですが、自分で調査するのはなかなか難しいです。しかし探偵に浮気調査を依頼すれば自分では出来ない事もしっかり調査してくれます。また探偵はいろいろな浮気調査をしているので経験豊富でもあります。そこで探偵に浮気調査を依頼するメリットを挙げていく事にしましょう。
・確実な証拠を掴む事が出来る
自分で浮気調査をする時は浮気をしている疑いがある証拠を掴む事は可能ですが、確実に浮気をしている証拠を掴むのはなかなか難しいです。しかし探偵に浮気調査を依頼すれば尾行、張り込みなどを徹底的に行ってくれるので確実な証拠を掴む事が出来ます。それにより恋人が浮気をしているのか白黒ハッキリさせる事が出来ます。
・慰謝料を請求しやすくなる
探偵は浮気調査をして浮気をしている証拠を掴むだけではなく慰謝料の関しての知識も豊富です。浮気をされた時にどのぐらい慰謝料を請求する事が出来るのか自分では分からない事が多いですが、探偵に浮気調査をすればしっかりアドバイスをしてくれるので慰謝料を請求しやすくなります。それにより恋人や浮気相手から慰謝料をする事が出来ます。

浮気の証拠とは具体的にどんなものなのか

浮気の証拠と言えば、配偶者と浮気相手がメールで行う数々のやりとりだ、そう思っている人が世の中にはたくさんいます。
しかし、実はこのメールでのやりとり、浮気の証拠としてはかなり弱いです。
なぜなら、メールは簡単に偽造することができるからです。
ですので、これらのメールを押さえることに成功しても、浮気の証拠としてはあまり使えないと思った方がいいでしょう。
では、どういうものが浮気の決定的な証拠になるのかといえば、それは画像と映像です。
例えば、浮気相手と配偶者がラブホテルから出てくるところを写真に撮れれば、これは決定的な証拠となります。
ですが、浮気相手と配偶者がただ2人で歩いているだけのところを写真に撮っても、それでは決定的な証拠になりません。
ラブホテルに入った、あるいは出てきたというところが重要なので、この手の決定的な写真が欲しければ、浮気調査のプロである探偵に頼むといでしょう。
ラブホテルから2人が出てくる写真以外にも、画像や映像の内容によっては大きな証拠になります。
基本的に、画像や映像の方がメールの文面より、強い証拠になりますので、浮気の決定的な証拠が欲しいなら、相手と浮気相手のメールを見るより、画像や動画、写真などを調べるといいでしょう。

浮気の証拠を見つけたいならパソコンを調べましょう

浮気の証拠を見つけたいなら、まずやるべきことは配偶者の使っているスマホ、パソコンのチェックです。
このうち、スマホチェックの方が重要性が高いですが、(パスワードを設定しているなどの理由で)スマホの方がガードが堅いことが多いので、調べやすいパソコンからチェックしたほうがいいです。
ここでチェックするのは、パソコンのキャッシュです。
メールも調べておいたほうがいいですが、大抵の場合、浮気相手との連絡は、パソコンのメールではなくスマホのメールを使って行うので、パソコンのメールを調べてもあまり意味はありません。
それよりも、キャッシュを調べたほうが有用な情報を確保できます。
なぜキャッシュを調べたほうがよいのか、それはパソコンのキャッシュには、検索履歴や見たサイトの一時ファイルなど色々な情報が眠っているからです。
これを見ることで、浮気しているかどうかが大体わかります。
例えば、過去パソコンで「ばれない浮気の方法」と書かれたページを何度も見ていたりしていたら、かなり浮気している可能性が高いですし、その手のサイトをまったく見ていないなら、浮気している可能性は低いです。
なので、自分の配偶者が浮気しているかどうかを知りたければ、まずパソコンのキャッシュをチェックしましょう。
そうすれば、浮気しているかどうかがわかるでしょう。